スタンダードスタンスを究める

今日はスタンス解説の3回目です。

 

ダーツのスタンスは皆さんご存知のように、オープンスタンス(フロントスタンス)、スタンダードスタンス(ミドルスタンス)、クローズドスタンス(サイドスタンス)の3つがあります。今日はその中のスタンダードスタンス(ミドルスタンス)について詳しくお話しをしていきます。

 

スタンダードスタンス(ミドルスタンス)とは?

ダーツ画像

※ダーツボードに対し、斜め45°に向いて立ちます。

オープンスタンスとクローズドスタンスの中間といえるスタンス。

 

スタンダードスタンス(ミドルスタンス)のメリットとデメリット

では、スタンダードスタンス(ミドルスタンス)のメリットとデメリットからお話しをしていきます。

 

メリット

  • クローズドスタンスより、狙いが定めやすい
  • オープンスタンスよりスムーズに投げやすい

 

デメリット

  • オープンスタンスに比べると、若干狙いが定めにくい
  • クローズドスタンスに比べると、リリースポイントが少し後になる

 

見ての通り、スタンダードスタンスのメリットは、オープンスタンス、クローズドスタンスの良いとこ取り、一方デメリットは、オープンスタンス、クローズドスタンスの悪いとこ取りという形になります。

 

 

それぞれのスタンスのちょうど中間という立ち位置ですので、どうしてもこういう形になってしまいます。悪く言えば中途半端なスタンスということになりますが、極端なデメリットのない、ちょうどよいスタンスとも言えます。実際に、スタンダードスタンスを採用している人は圧倒的に多く、ダーツ初心者の方もまずこのスタンスから試してみるのが、いいと言われてます。

 

 

人気ダーツマニュアルランキング!

ポール・リムが初公開!!「10日間ダーツ上達プログラム」

ポール・リム

生ける伝説ポール・リムが公開する ダーツ上達プログラム。 わずか10日で狙った場所にヒットできる その秘密とは? Cフライトの初心者でも一気にAフライトを目指せる10日間上達プログラム。
ダーツ投げ方,上達,練習法【小熊式】

小熊式

短期間で「Aフライト」になれるコツとは? ダーツ指導歴40年を超える小熊恒久氏が教える スキルアップメソッド!
2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

SUPER DART2010王者・勝見翔の極秘メソッド。なぜ安定してAフライト級のスコアを出すことができるのか? その極意を余すことなく公開!

 

人気ダーツ上達マニュアル『ワンタン流』を実践レビュー!

ダーツ

※管理人がワンタン流マニュアルで練習。上達の過程はコチラ